暖かくなってきたけれど、今度は花粉で朝がつらい

ちょっとずつ暖かくなってきましたね。寒い時期は朝起きるのが本当につらくて、暖かくなるのは大歓迎!なのですが、今度は花粉がつらくなって来ました。

HEPAフィルターで花粉の除去できる空気清浄機を以前購入したんですよ。スイッチを入れるとかなり効果があって、室内では花粉症の症状が抑えられてとても楽になります。花粉のつらくなってきた最近は朝起きて空気清浄機のスイッチを入れるようになりましたが、威力がすごくてあっという間に部屋の中が寒くなるんですよね。花粉症の時期って意外と気温が低い。せっかく暖かくなってきたのに、空気清浄機のおかげで結局布団から出るのがつらいです。だからついついスイッチを入れたら布団へ戻ってきてしまい、2度寝です。この2度寝が特に気持ちいいんですけどね。

空気清浄機は最近は性能が良くて、花粉症持ちには必需品です。でもうちにあるのは切りタイマーしかないんですよね。エアコンみたいに入りタイマーの付いている物もあるのでしょうか?次に買い換える時にはこのタイマーもちゃんとチェックして買わなければ。起きる前にタイマーで空気がきれいになっていたら、花粉症の朝ももう少し楽になるかな、と期待です。

隠れたグルメスポット、酸ヶ湯

日本で一番の積雪のある場所というと、青森県の酸ヶ湯(すかゆ)温泉です。ここは昔からの湯治場で、混浴の千人風呂、という大きな温泉場があったりもします。
とはいえ、温泉に泊まらなくてもここは食事でいろいろとたのしめる、隠れたグルメスポットだったりもします。
いちばんのおすすめは酸ヶ湯のしょうがみそおでんです。しょうがみそおでん、というと連絡船を待っているときに体が冷えないように出された食べ物、ということがテレビなどでけっこう放送されたので青森のあたりにしかないのかな、と思っている方もいらっしゃいますが、現在津軽地方には広く広まっています。なので、八甲田山系の山奥の酸ヶ湯でもしょうがみそおでんは売られていたりします。ふつうのおでんだねのほかに、ほっくりやわらかいタケノコがついているのが特徴です。鍋から直接出してもらったところを、あつあつのたれをかけてもらって食べると大変おいしいのです。
ほかにも、酸ヶ湯の食堂のおそば屋さんはかなりレベルが高く、おいしいです。
なので、十和田方面に向かったりしたときはついでに足をのばしてこの温泉を訪れ、舌鼓をうつことをおすすめします。